ブログタイトル

ホームへ

<<BLOGトップへもどる


  
 看護の教育・労働環境整備

NICU担当です

−10月になってしまいました−
「9月の日本看護サミットと、院内の倫理研修」

今年度も半分が過ぎてしまいました。
中間面接がほぼ終わります。
後半に向けてもうひと踏ん張りです。

看護協会ニュースで読んだ方もいるでしょうが、「特定行為研修制度の推進」
当センターも始まりました。3人の認定看護師が先立って、講義や実習を積み試験を受け、合格する予定・・・・いいえ合格のために、病棟の皆で応援しないといけませんね。(残った看護師みんなで病棟・赤ちゃんを守るから・・・・)

さて9月は「日本看護サミット 2015」がありました。少子超高齢化社会における看護政策と題して、労働環境やこれからの働き手を鑑みた話を聞き、現場からだけでなく政策として支えて下さっている方がたが居ることに、あらためて感謝しなきゃと思った次第です。


9月中旬は卒後3年目のスタッフが院内の「倫理研修」に参加。
あるグループの代表として、NICUのスタッフが、自律の尊重・善行無危害・正義・忠誠誠実などの原則について発表をしていました。
しっかり発表で来て頼もしかったです。



掲載日:2015年11月6日



埼玉医科大学総合医療センター 総合周産期母子医療センター
〒350-8550 埼玉県川越市鴨田1981番地
TEL 総合案内 049(228)3411  番号案内 049(228)3400