ブログタイトル

ホームへ

<<BLOGトップへもどる


  
 熊本の地震


震災の被害にも舞われた方に心から何かできればと思っております。

何かお困りのことがあればご連絡いただければできる事は何でもしたいと考えています。
うちのブログを見る人は、多分周産期に興味をお持ちの方、または、周産期に従事している方々だと思います。


大きな援助はできませんが、話を聞いてほしい事とか、誰に頼っていいか分からない人はいつでもご連絡ください。我が周産期センターの英知を駆使して行動し たいと考えています。
お体ご自愛ください。

埼玉医科大学総合医療センター 周産期センタースタッフ一 同








掲載日:2016年4月25日

 
 4月のはじめ

  春です。
私が埼玉に赴任してから5回目の桜の季節です。(副センター長)

今年は私にとって、とっても嬉しい事がありました。
それは、周産期3階の産科病棟は希望者がいっぱいになり、あふれた希望者の配属に苦慮したことです。すみません。苦慮はしていません。あふれた人は NICU/GCUで勤務して頂くことになったことです。

これは偶然ではありません。看護師・皆さんの実習時の態度が助産師を希望させたり生命の誕生の場所で働いてみたいという気持ちにさせたのだと思います。
私も実習の体験が、後の自分の道に大きな影響を与えていると感じています。
周産期センターに勤務される方、新入職員の教育に携わる人、また、それを支える人、お互いを思いやって、今年も仕事をしましょう。

また、埼玉医科大学総合医療センター小児医療センターとして、小児分野との連携も充実して行きましょう。

私がいるうちは、目標は常に発信力です。




掲載日:2016年4月30日




埼玉医科大学総合医療センター 総合周産期母子医療センター
〒350-8550 埼玉県川越市鴨田1981番地
TEL 総合案内 049(228)3411  番号案内 049(228)3400